秘境の島「パラワン島」

  パラワン島は長さ397km、幅約40kmの細長い島で面積1万4896km2であり、ルソン、ミンダナオ、サマールに次ぐ4番目の大きさです。パラワン州は本島と北部カラミアン諸島や周辺の島々1768島で形成されており、人口はわずか37万人にすぎません。パラワン本島のほとんどが山岳とジャングルであり、林業が重要産業の一つになっている。ジャングルは秘境で、パラワン以外では見られない珍しい動植物が多数生息している。海岸部のわずかな平地では、米、ヤシ、バナナ等が栽培されている。本島北部のカラミアン諸島周辺の海域はフィリピンの全漁獲量の約6割を担う良漁場になっている。また、最近では北部海岸部における石油産出の本格的稼動に期待がかけられています。